タグ

タグ:ワークショップ

手紡ぎコットンショール、できました(写真追加しました)

カテゴリ:
さ、ついにできました。夏のコットンショール。冬用よりも、一回り小さめに作っています。
こういう、無着色・無漂白・手紡ぎというあまり生成していない綿は、UVカットや保湿など「植物が自分のために持っている力」がまだまだ残っています。
しかもオーガニック。
※上の写真をクリックしたら、インスタグラムに飛びます

IMG_3678
ギュッとくくってもかわいい♪
手紡ぎの糸は暖かみがあるので、冷房で肩や首が冷える人にぴったりです。

そしてなんと、この軽さ。
IMG_3679
そうなんです。なんとこのショール、1カセしか使ってません。
どんなサイズになるのかちょっと見えなかったので、とりあえず200g巻いていたのですが、いやー半分で済んでしまうとは^^;
でも100gのショールって、本当に軽いんですよ…こたつみかん1個分です。
小さくたたむこともできるので、鞄の中の場所も取らないと思います。オススメです。
FullSizeRender

このショールのパターンは、ワークショップにて実費でお渡しするのみとします。著作権がはっきりしないデータをもとにしていますので(ほぼ目コピから書き起こしています)、オンラインショップでの販売・配布はいたしません。予めご了承くださいませ。

5月度第1回目ニットカフェ・糸巻き会

カテゴリ:


今回のワークショップは、糸巻き。
巻いて巻いて巻きまくりました!
エイリュルさんの玉巻き器も2つお借りして、「日本のカセ繰り機」「インドの木製カセ繰り機」とともに、フル稼働♪
細いコットン糸なんかはちょっと手で巻くのは難しいですからねー…

次回ニットカフェ(5月第2回)はすでに満員!ありがとうございます。
次次回ニットカフェ、6月第1回は7日(木)開催予定です。昨夜イベントページを公開し、すでに残り一名様となっております。ありがとうございます(*^^*)
お申込みは、こちらまで↓

https://www.facebook.com/events/739729763083472/

益久染織研究所の手紡ぎ中細綿糸で、レースショールを編みます

カテゴリ:

※上の写真からインスタグラムにリンクしています。

益久さんの手紡ぎコットン糸で、レースショールを。手紡ぎの糸は、縫い糸か!ぐらいの細いところも、ネップといってもいいぐらい太いところもあって、編んでいてとても楽しいのです。

今月のニットカフェ(リピーター様のみで定員に達しましたので、お申し込みページは作成しておりません)から、かぎ針コースの方が編み始めます!

IMG_3634
ずいぶん前に行っていた会社で、ガラスの植木鉢カバーをもらったので(捨てようとしたのでね…物を粗末にする会社はダメです。辞めてすぐ、大きな悪いニュースが流れました)、それをヤーンボールにしている私。

200gの玉に巻きましたが、これだけの大きさになっててまだ20gしか使ってないのでした。先行き楽しみです!

このページのトップヘ

見出し画像
×