カテゴリ

カテゴリ:雑談?

針サイズの規定ということ

カテゴリ:
これを書こうと思って忘れてました^^;
段染め糸、特に機械染めの場合、ゲージなどはそこそこしか書いてなくても、棒針の規定号数だけはしっかり書かれていることが多いです。
NOVITAの場合は、中細タイプ3号、並太タイプ6号です。
なぜ「規定サイズ」として決められているかというと、こういうこと。
ぴったり一目ずつ色違いになってますね。そういう風に染められているということなのでした。
もちろん各自の手の加減というのもあるし、サイズを簡単に変えるのに針サイズで加減することも多いので、100%とは言いませんが、守ればいいことがあるという感じですね(笑)

3plyソックヤーン2カセセットをレギュラーに?

カテゴリ:
2色使いの靴下やショールの「提案」として、2色を組み合わせた形で販売してほしいというお声を頂戴しました。
少し前にも考えていたことがあったのですが、この手のパックって「売れてる色と売れてない色を組み合わせて在庫整理する」みたいな時に使うじゃないですか。そういうふうに思われたら嫌だなーと思って、やってなかったんです。
まあ、Ancient Artsの糸は「売れてない色」なんてないですけども。

ただ、一度セットにしてしまったら、「バラで欲しい」という人もまた出てくるんじゃないかと思うんですよね。なかなかそこまでの在庫は、お金もそうだけど、場所もなくって置いておけないし…。

なので、とりあえずはこういうふうに↓
ImpressionistBirchLeaves
この組み合わせ、いいですよ!みたいなご提案をしていこうかなと思います。

なお、セールが終わり次第、次期発注の準備に取り掛かります!ご予約もお早めに(*^^*)

機械編みのサマーセーターできました

カテゴリ:
やっぱり早いなあ、機械編み。まっすぐなパターンを選んだので、よけいに早くできました。
袖は藤編みをしてみた、この春はとても美しい藤をいくつも見ることができたので♪
この糸は普通に編んでるとかなり斜行するんだけど、機械だとそうでもないので(糸に強くテンションをかけたら大丈夫ということか)、袖だけ斜行してます。
ごく薄い水色なんですが、かなり写真に出にくい色で参りました(笑)。この長さで7玉でできたんだけど、あと8玉ある…もうちょっと長いのを作ってみようかなー。
同じ糸で色違いが2、3玉ずつあるので、組み合わせるのもいいかも。
こんなスピードで考えられるのも、機械編みならではですね。


ちょっと袖が細くない?と思うかもですが、袖はぴったりしてた方が脇の下とかブラジャーの側面とか見えなくていいじゃないですか。私、電車の中とかで脇の下が見えてるの、大嫌いなんですよね。デリカシーなさすぎて気色悪いとしか。そんなのに限って垢たまってたりするやん?きちゃならしいわー。
編み目を強調したら、どこまでが機械でどこからが手編みかがわかりますね。


これだけ穴が空いてたら涼しいはず(笑)
この写真も別に白黒加工してるわけではないです…難しい色だな、ほんと^^;

このページのトップヘ

見出し画像
×