カテゴリ

カテゴリ:色について

久々に大量巻き

カテゴリ:
IMG_3468
もう5年ぐらい前になるのですが、マラブリゴのLACEが某所で叩き売りされていたのでした。
なんと1カセ500円…
いくら50gとはいえ、その値段はあまりにかわいそうでね^^;
IMG_3466
たぶんその中でもさらに売れのこりそうな2色を、2カセずつ買ってきたのでした。2色っていってもこの近似値色!!(笑)
さあしかし、どうしたもんかな、と。マラブリゴは、毛玉ができやすい・擦り切れるのが早いという人もいますが、それは日本の湿気が悪いのです。
お風呂に入って、髪の毛をちゃんと乾かさずに寝たら寝癖が付きますよね。雨の日は髪の毛がボワボワになってしまうという方もいるでしょう。
毛糸も、原毛に近ければ近いほど、そういう性質が残っているのです。
IMG_3467
そういう糸は、棒針編みよりもかぎ針編みのほうがいいことが多いので、これはかぎ針編みにするぞと決めていたものの…うーん…
と、まあこのまま5年近く経っちゃったという^^;

などなど考えながら、50g×4を一気に巻いてしまいました(笑)
IMG_3469
さて、こちらはいつもの「霜の花」色!
この色のレースのショールを見た叔母が突然「私も欲しい!編んできてー」と言い出したもんで、シルク混で編むことにしました。もうほんっとにツルツルで、ツヤがすごい。
そして長い。2カセ一気に巻いたらもう、あんまり糸が多くて玉が崩れるかと思いました(笑)

オンラインショップでの玉巻きサービスも、2カセを1玉に、というご要望がありましたら承ります。かなり大きくなりますが、編むスピードが早い方は一気に編めるほうがいいかも、といつも思うんですよね。

さて、今季の輸入分がどんどん売り切れていっております。ご希望の糸はお早めに!

カテゴリ:
Ancient Artsのデザイナーさんが、私が送ったお花見映像をご覧になり、「桜の色の糸を作りましょうか」と持ちかけてくださいました。

向こうで言うところのチェリーブロッサム色は、日本の桃の花よりもまだ濃いピンクなんですよ。
日本の桜の色ができれば、そりゃもう嬉しいですよね!ってみんな買うよね…薄い、ほとんど白に近い、灰色がかったピンクなんて、未だどこの毛糸メーカーからも出てないし。

って、まあ難しいから出てないんですよ。
あの薄い薄い色を「均一に機械で染める」ことは、無理なんだそうです。
なんだけど、手染めで、ムラがあってもそれはそれで「グラデーション」として歓迎されるとしたら?

もしかしたら、できるかもしれません。
乞うご期待。


霜の花色とグレーシャム猫色の違いについて

カテゴリ:
IMG_3406 2
オンラインショップにアップしながら、「霜の花色」と「グレーシャム猫色」の2色の差異をどうお伝えしようか、悩みまくっておりました。
IMG_3405 2
上の2枚の写真は、Lirac Point Siamese グレーシャム猫(ソックヤーン/3ply スーパーウォッシュメリノ80% ナイロン20%)です。

それでは、2色を比べてみましょう。
IMG_3407
左がグレーシャム猫色、右が霜の花色です。
青い色は、全く同じです。
そう、違うのは、グレーの色味です。
IMG_3404
では、左右を逆にしてもう一度。
左が霜の花色、右がグレーシャム猫色です。

おわかりでしょうか〜、グレーシャム猫色はウォームグレー、霜の花色はブルーグレーなのです!
ただし、青に近い部分のグレーは青が混ざっていますので、ウォームグレーもブルーグレーになってしまい、全く違いがわかりません…。

これを写真だけでどうのこうのするというのは全く難しいと思いまして、それでご予約部門にアップするのは控えていたのでした。
いや、この差を感じたい!グレーシャム猫が好きだ!!という方は、ぜひぜひ。

このページのトップヘ

見出し画像
×