カテゴリ

カテゴリ:棒針の作品

OPAL3玉で3足♪

カテゴリ:

サイズ感がよくわかるかなと思って、すぐMacBookAirに乗せてしまうのですが、うーん…わかるかな^^;
こちらは4:1の幅広ゴム編みです。なかなか細いタイプのOPALなので、1号針で編んでみました。


こっちは模様編みにしたので、0号針で。1号針と比べて、どうでしょうか。
模様編みなどどうしても手が緩みがちな時には、針の号数を落とすことできちんと整った編み地になります。もちろん、ゲージ計算はしてくださいね。

こちらは同じOPALのソリッドを引き揃えた室内履き。
DK SOCKSと同じ編み方で、5号針で編んでいます。こちらは普段の靴下の上に履くかもとのことだったので、ほんの少し太めにしています。
なお、ソリッドの色はビリジアン!懐かしい名前♪
まあしかし…DK SOCKSのなんと早く編めることか…(笑)

OPAL2本取りでDKソックス?

カテゴリ:
左が普通に編んだOPAL(0号)、右がOPALソリッドとの2本取りにしたもの。こちらは5号で編んでます。ほぼDKソックスのゲージでできますが、細かいところがやはりちょっと違いました。おもしろいなー。

まあでも靴下を2本取りでするってのは、いろいろ難しいですね、2回目だけど^^;
先日靴下初心者の人に「家にある糸を2本取りでやりたい」と言われ、お断りしたのですが、改めてあの時NOと言ってよかったと思いました。ゲージも取らないといけないし、初心者さんはやめておいてくださいね。

そしてちょっと、編み地が固くなります。もちろんこれは、NOVITAのDKに比べてのことですが…よくよく洗っていけば大丈夫かな、と思いつつ。

ところで先日、某大型掲示板に「ウール100%の靴下はあっという間に破れる」「ナイロンの存在ってすごいね」という話が上がっていました。今回かなりきっちりとゲージを取れたので、一度ソックヤーンとウール100%の2本取りで編んでみようかと思ってます。片方はソックヤーンの2本取りで、比べてみたい!

久々のオーダー、久々のOPAL

カテゴリ:
ご依頼のOPALソックス。柄合わせはしなくてOKということだったのに、なんということでしょう、ふつーに糸端を探して片方を編み、もう片方も何も見ず何も考えずただ切った糸から再開しただけなのに、ぴったり揃ってしまいました!!←ほんっとに、この写真を撮るまで全く気づいていませんでした…
こんなこともあるんですねー…次の玉はわざとずらそうかしら^^;←実は同じ色を3玉、1玉はソリッドと引き揃えて室内履きというオーダーです
先週ためし履きをしてもらったのですが、もうそれはそれはぴったりで、よっしゃー!!と♪ 靴教室のお仲間ですので、靴サイズを知ってるんだよね(笑)
足の細い方なので、カフが細くて楽ちんです…ってカフを太くするなんて、今のところ私と夫の分だけなんですけどもね^^;

なお、以前もお知らせしましたが、オーダーは「リアルで会うことができる方」に限らせていただきます。なんでですか?というご質問をいただいたのでぶっちゃけ言ってしまいますが、サイズの嘘をつく人がいたからです。
7〜9号とのことで、9号のトルソーで確認しながら作りまして、念のためちゃんと伸びしろがあるかどうか13号にも着させてみて、たとえ13号まで太っても全然大丈夫!(≧∇≦)bという大きさに編んでお送りしたのですが、「小さい」と言われましてね。さてはあなた、本当は15号なんでしょう?っていう。
ので、自分の目しか信用しないことにしました。予めご了承ください。

このページのトップヘ

見出し画像
×